Edit Content

ジオ展2024に出展しました

2024年4月19日(金)浅草橋ヒューリックホールにて行われたジオ展2024に、出展いたしました。昨年の2023年にも同展示会が開催され、その時も弊社は参加させていただきましたが、本年は1000名を超える多くの来場者が来訪され、弊社ブースにも多くのお客様にお立ち寄りいただきました。

展示製品について

展示ブースでは、弊社の主力製品である“MK3”、そしてドローンに搭載可能な”ロビン”を実機展示し、ブースに訪れたお客様の注目を集めました。

図1 : MK3の製品画像
図2 : ロビンの製品画像

弊社は日本国内でモバイル式(SLAM式)の3D-LiDARスキャナーを開発・販売しております。据え置き型と違って持ち歩きながら撮影を行うので、作業時間の短縮が見込めます。精度も高精度で、点群密度も高いので納得できるアウトプット(点群データ)を生成可能です。弊社製品は、本体にバンドルされた点群処理ツールも自社で開発しており、点群の処理に時間がかかるといったマイナスイメージを払拭できる処理性能を有しております。

会場内プレゼンの様子

同日、会場内で出展社によるプレゼンテーションの時間があり、弊社代表取締役のチャンによるプレゼンテーションを行いました。

弊社は製品・システムの開発メーカーという立場に留まらず、「空間DXプラットフォーム」という作業プロセスの自動化の仕組みを人手不足の業界に提供することで社会に貢献していきたいという明確な提案を、このプレゼンテーションの場をお借りし発表いたしました。

図3 : ジオ展2024内で弊社のプレゼンテーションの様子

今後も展示会へ参加いたします

2024年はこれ以降も展示会の出展を数多く予定しています。展示ブースにてお待ちしております。

図4: 当日ブースにて対応した弊社代表取締役と社員

ja日本語
上部へスクロール